外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)噴火は27日、発生から1年を迎えた。麓の長野県王滝村では追悼式が開かれ、遺族や防災関係者ら440人が出席。噴火発生時刻の午前11時52分に黙とうをささげ、帰らぬ人に思いをはせた。遺族は「いなくなって初めてかけがえない人だったと気付いた」と変わらぬ悲しみを語った。

共同通信