外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火災害で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、犠牲者5人の遺族が25日、国家賠償法に基づき国と長野県に総額1億4千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。

共同通信