外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乗客乗員520人が死亡した日航ジャンボ機墜落事故から12日で25年となるのを前に、墜落現場の「御巣鷹の尾根」のふもと、群馬県上野村の神流川で11日夜、遺族ら約150人が慰霊の灯籠を流し、犠牲者の冥福を祈った。墜落時刻の午後6時56分にアコーディオンの調べに乗せて、亡き人へのメッセージを記した灯籠を川面へ。祖父が犠牲になった高校生は「おじいちゃに会いたい。何十年後も持ち続けたい」と力を込めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信