外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故の遺族らが11日夜、現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の麓を流れる神流川で灯籠流しをした。12日で事故から30年となるのを前に、川面をやさしく照らす光に手を合わせて故人をしのび、空の安全を祈った。

共同通信