外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)モーグル苗場大会は19日、新潟県湯沢町の苗場スキー場でデュアルモーグルによる第10戦を行い、女子で今季復帰した32歳の上村愛子が2位となった。伊藤みきは3季ぶりの表彰台となる3位に入り、村田愛里咲は8位だった。上村は予選を2位で通過。準決勝で伊藤に20―15で競り勝ったが、決勝でW杯初優勝となったオードリー・ロビショー(カナダ)に敗れた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信