外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の被災地で自治体が取り組む事業を政府が支援する「復興交付金」の運用改善策が6日、明らかになった。交付金の使い道を駅前の駐輪場整備といった地域の細かなニーズに幅広く対応できるようにするのが柱。全閣僚が参加する7日の復興推進会議で決定する。現在の復興交付金は、災害公営住宅建設、集団移転など40種類の基幹事業と関連した事業が配分の対象。被災地から「使い道が制限されている」との声が出ていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信