外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災からの復興費用を賄うための臨時増税や復興債発行を盛り込んだ復興財源確保の関連法案が24日午後、衆院本会議で民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決された。参院での審議を経て来週中にも成立する見通し。財源確保の関連法案は、所得税を2013年1月から25年間、納税額の2・1%分を上乗せし、個人住民税は14年6月から10年間、年千円を増税するのが柱。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信