外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災からの復興に向けた国の施策を統括する復興庁の設置法案が6日午後、衆院本会議で一部修正の上、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決された。法案は同日参院に送られ、9日の本会議で可決、成立する見通しだ。6日午前の衆院復興特別委員会の質疑で野田首相は、民主、自民、公明など5党が修正案を提出したことに対し「心から感謝したい。修正案を踏まえて適切に体制整備を行いたい」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信