外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 幹部6人が公選法違反容疑で逮捕された徳洲会グループが、系列病院を建設したゼネコン側からリベートを受け取るなどして多額の資金を蓄積し、徳田虎雄前理事長(75)や、次男の徳田毅衆院議員の裏の選挙資金に充てていたことが17日、徳洲会関係者への取材で分かった。

共同通信