外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 徳洲会グループの公選法違反事件で、徳田毅衆院議員(鹿児島2区)の母(75)が昨年の衆院選で地元議員に有権者への買収資金を支出した疑いが強まったとして、東京地検特捜部が公選法違反(買収資金交付)の疑いで立件する方向で検討していることが3日、関係者への取材で分かった。

共同通信