外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 うつ病など「心の病」を抱える従業員は、年代別で40代が最も多いと答えた企業の割合が36・2%に増え、これまで最も割合の高かった30代を初めて上回ったことが20日、日本生産性本部メンタル・ヘルス研究所の調査で分かった。成果主義型の人事制度に変わる中で、管理職に就けず権限がないまま責任だけが大きくなっていく40代特有の状況があるとみている。調査は全国の上場企業を対象に今年8月にかけて実施した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信