外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 脳死移植が適正だったか事後評価する厚生労働省の検証会議は29日、1997年の臓器移植法施行以来102例分の評価を終え、脳死移植の実績を報告書にまとめた。国際的に見て生存率が高いとし、昨年末の段階で、心臓移植を受けた80人中、95%に当たる76人が生存、32人が働くなど社会復帰している。検証会議座長の藤原研司横浜労災病院名誉院長は「移植を待つ人の希望になる」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信