外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本臓器移植ネットワークは13日、大阪大病院に入院中の6歳未満の女児が午前1時40分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。女児は、心臓の筋肉が薄くなってポンプ機能が低下する拡張型心筋症で補助人工心臓を装着していた。心臓移植の待機患者としてネットに登録するとともに、海外での移植に向け渡航の準備をしていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信