外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 名古屋大大学院の新美輝幸助教(資源昆虫学)らの研究チームは、カブトムシの雄と雌の性差をつかさどる遺伝子を発見、この遺伝子が角の形成を制御していることを突き止め、23日付の欧州分子生物学機構の専門誌「エンボ・リポーツ」に発表した。新美助教は「これまで分からなかった雄の角形成の仕組みが明らかになった」と話している。カブトムシは、雄の頭部と胸部に角が生え、雌は角が生えないかわりに全身に毛が多く生える。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信