外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 過激な性行為を描いた漫画やアニメの販売などを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案が30日、都議会に再提出された。最初の改正案は出版業界の反発や規制対象があいまいとの批判があり、6月議会で否決。強姦や近親者同士の性行為を賛美、誇張して描いた作品を対象にするとした条文に修正。前回反対した最大会派の民主党が賛成するとみられ、可決の可能性高い。石原知事は改正案の成立にあらためて意気込みを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信