ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

性被害の支援拠点、全国整備遠く

 レイプなどの性暴力に遭った被害者が必要な治療やカウンセリング、告訴の手助けなどを1カ所で受けられる「ワンストップ支援センター」が北海道、東京、愛知、大阪、佐賀の5都道府県に既に設置され、他に宮城、福島、栃木各県が設置を検討していることが24日、共同通信の都道府県アンケートで分かった。取り組みが進む自治体がある一方、財源の手当てがないことが壁となって全国整備には遠い現状が浮かんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。