外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シアトル共同】11月の住民投票で、米国で初めて大麻を嗜好品として合法化することが決まった西部ワシントン州で6日、第1段階として少量の所持と使用が合法化された。最大都市シアトルの公園では6日夜(日本時間7日昼)、愛好家約200人が集い「解禁」を祝った。気温約5度と冷え込む中、愛好家らは「大麻はアルコールより安全」と書いたポスターを掲げ、歓声を上げながら大麻を掲げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信