外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大気汚染の原因とされ、中国からの飛来が懸念される微小粒子状物質「PM2・5」が、愛媛県内の8カ所で環境基準値を超えて観測されていたことが9日、県への取材で分かった。愛媛県によると、1月以降、松山市、西条市など4市の8測定局で、1日平均で大気1立方メートル当たり35マイクログラムを超えた日が1~7日あった。最も濃度が高かったのは2月1日の新居浜市で62・5マイクログラムだった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信