外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高校駅伝の名門で知られる愛知県立豊川工業高の陸上部監督の男性教諭(50)が昨年4月以降、部員に体罰を加えていた問題で、この教諭が09年1月、保護者から体罰の指摘を受け、学校側に「行きすぎた指導をした。二度と行わない」などと記した直筆の誓約書を提出していたことが28日、学校への取材で分かった。教諭は、その半年後、部員に体罰を加えて頭を縫うけがを負わせ、県教育委員会から文書訓告の処分を受けていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信