外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 口蹄疫問題で、国が宮崎県に殺処分を求めていた民間種牛6頭について、東国原英夫知事は15日、種牛の所有者に「処分に応じてほしい」と伝え、16日昼までに回答するよう求めたと明らかにした。これを受け、山田正彦農相は、民間種牛がいる地域を除き感染多発地帯での家畜の移動、搬出制限区域の解除を認める考えを示した。県は16日午前0時に解除した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信