外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 エボラ出血熱や新型インフルエンザの世界的流行のような世界保健機関(WHO)だけでは対応できない危険な感染症の拡大に備え、国連事務総長の判断で関係機関が連携して危機対応に当たる枠組みの創設に先進7カ国(G7)が26~27日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で合意することが19日、分かった。首脳宣言に盛り込み、G7主導で国連など関係機関に創設を働き掛ける。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信