外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【広州共同】韓国の鄭鉉栢女性家族相は10日、政府として、従軍慰安婦問題の関連資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」に登録する事業の予算を「拠出できる」と述べ、登録推進事業を支援する考えを表明した。元慰安婦の女性らが集団生活するソウル近郊、京畿道広州の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、記者団に明らかにした。

共同通信