ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

慰安婦発言、橋下氏が反論展開

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は14日、旧日本軍の従軍慰安婦を容認する自身の発言をめぐり「当時は世界各国の軍が慰安婦制度を活用していた」などと反論を展開。与野党幹部から批判が続出、政府は歴史認識問題の拡大を警戒し沈静化を図る構えだ。安倍首相は参院予算委員会で「歴史認識は政治、外交問題にするべきではない」と述べた。これに関し橋下氏は「日本人は歴史を勉強すべきだ」とツイッターで持論を繰り返した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。