外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 成田空港の2本の滑走路をフル活用する新方式「同時平行離陸」の導入を可能とする米国の専門調査会社による調査結果がまとまり、国土交通省が容認する方針を固めたことが7日、分かった。成田の年間発着回数を現行20万回から30万回に拡大する目標に向け前進する。前原国交相は「30万回へ合意を期待」と成田の容量拡大も認める姿勢を示しており、羽田と一体的に国際線の運航拡大を目指す環境が整う。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信