外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 千葉県成田市の成田山新勝寺で28日、1年間に納められたお札を燃やし、本尊の不動明王の御利益に感謝する「納め札お焚き上げ」が行われた。大本堂脇の広場にスギの枝を積み上げて設置した高さ約1・5メートルの「炉」に、山伏姿の僧侶が約5万枚のお札を投入。お札は不動明王の分身とされ、炎の中に返すことで無病息災への感謝を表せるという。正月三が日には約298万人の参拝が見込まれる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信