外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米連邦航空局(FAA)は21日、ニューヨーク上空で今月13日、ケネディ国際空港に着陸しようとしていた成田発デルタ航空機ボーイング747と、ラガーディア空港を離陸した小型ジェット旅客機が異常接近(ニアミス)を起こし調査中だと明らかにした。AP通信が伝えた。FAAによると、両機は13日、水平距離約800メートル、高度差約60メートルまで接近した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信