外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が24日に閣議決定した2014年度予算案は、デフレ脱却を優先する政権の方針を反映し、歳出が過去最大となった。安倍晋三首相は予算案決定後の経済財政諮問会議で、経済再生や財政再建に向けて「来年度は正念場だ」と強調。民間議員は成長実現に向けた今後2~3年の経済運営の工程表をつくり、財政健全化も着実に進めるよう提言した。

共同通信