外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎は9日、被爆から70年の原爆の日を迎え、長崎市の平和公園で長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれた。田上市長は平和宣言で、長崎や広島の被爆だけでなく、空襲や沖縄戦、アジアの人々を苦しめた悲惨な戦争の記憶を語り継いでいくよう呼び掛けた。安全保障関連法案についても言及。「憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている」と述べ、慎重で真摯な審議を求めた。広島市の平和宣言は言及しておらず、両市で違いが出た。

共同通信