外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 太平洋戦争開戦2年前の1939年、憲兵隊が作成した外国人スパイ事件の極秘捜査マニュアル文書が3日までに見つかった。憲兵は陸軍の職制だが、警察としての任務もあった。マニュアルは隊員の演習用とみられ、盗聴や暗号解読などの捜査手法が詳述されている。憲兵に詳しい小樽商科大の荻野富士夫教授(日本近現代史)は「英米との情報戦に神経をとがらせる戦時下の状況を探る上でも貴重だ」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信