外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上院本会議は3日、イラク戦争で米海兵隊員の夫を亡くしながら米国永住が認められなかった沖縄県出身の日本人女性に、永住の道を開く個人救済法案を全会一致で可決した。女性は08年、イラクに派遣されていた海兵隊員と結婚したが、米国土安全保障省は婚姻関係を認めず、米国の在住資格を得られていない。上院が個人の救済を目的とする法案を可決するのは5年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信