外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日露戦争の日本海海戦で1905(明治38)年、バルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦として活躍した戦艦「三笠」で使われていたとみられる軍艦旗が、米国で見つかり、近く日本側に返還されることが4日、分かった。米ワシントン州の地元紙「コロンビアン」(電子版)が同日までに報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信