外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イスラム教の祝祭に合わせた一時停戦が事実上崩壊したシリアでは28日、北部イドリブ県や首都ダマスカス周辺などでアサド政権側部隊と反体制派の戦闘が続き、シリア人権監視団(英国)によると、全土で少なくとも99人が死亡した。フランス公共ラジオが伝えた。政府軍は同日、首都近郊などへの空爆を継続。イドリブ県では軍の空爆で子ども8人を含む少なくとも18人が死亡した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信