外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 住所地に居住実態がないなどの所在不明児が、22都道府県で141人(10月20日時点)に上ることが13日、厚生労働省のまとめで分かった。5月段階では2908人だったが、自治体による追跡調査で9割を超える2767人の所在が確認できたとしている。

共同通信