ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

所蔵の百点超がナチス略奪品か

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、同国の美術館協会は29日、国内の美術館が所蔵している美術品のうち139点が、ナチス・ドイツによりユダヤ人から略奪された作品の可能性があると発表した。中にはアムステルダム市立美術館所蔵のマチスの絵画も含まれるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。