外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 千葉県がんセンター(千葉市)で昨年12月、腎がんの手術を受けた60代女性が、今年2月に再びセンターを訪れて腹痛や嘔吐などを訴え、体内に医療用ガーゼが残っていたため摘出手術を受けていたことが5日、関係者への取材で分かった。女性は腸閉塞になった可能性があるが、命に別条はないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信