外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヨハネスブルク共同】マンデラ元南アフリカ大統領の10日の公式追悼式での手話通訳が「でたらめだった」と批判が出ている問題で、通訳をした男性(34)は12日までに、自分は統合失調症の持病があり、式典の最中に幻覚や幻聴の症状が出たためだと釈明した。地元メディアなどとのインタビューで答えた。

共同通信