外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】AP通信によると、イエメン発米国向けの二つの航空荷物から爆弾が見つかった事件で、サウジアラビア当局に先月投降した国際テロ組織アルカイダ系武装勢力「アラビア半島のアルカイダ」の主要メンバーの自供が摘発の端緒になったことが1日分かった。このメンバーはサウジ出身のジャビル・ファイフィ容疑者で30代半ば。サウジ当局は自供を受けて、米国に荷物の番号など詳細な情報を提供。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信