外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 H7N9型の鳥インフルエンザで、厚生労働省は12日、中国から送られたウイルス株でタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬の効果を確認したと発表した。同省は「人への投薬で一定の効果があると考えている」としている。国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターが抗ウイルス薬のタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4剤についてウイルスの増殖を抑えられることを確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信