外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は20日、飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問を米国、韓国に事前連絡しなかったことに関し、拉致問題の解決は日本が主導する必要があるとの観点から、やむを得なかったとの認識を示した。「日本が主導的に解決しなければ、残念ながら他国がやってくれることはない」と述べた。対北朝鮮交渉では政府認定の拉致被害者に限らず、拉致の可能性を否定できない「特定失踪者」の帰国も求めていく考えも示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信