外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】北朝鮮による拉致被害に関する国際社会の理解を促進しようと、日本政府は8日、ジュネーブでシンポジウムを開いた。拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表は集まった約150人を前に「拉致問題は国際問題だ」と述べ、解決に向けた国際的な支援を求めた。飯塚代表のほか、支援団体「救う会」の西岡力会長や拉致被害者の家族、拉致の可能性を否定できない「特定失踪者」の家族らが参加した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信