ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

拉致問題「深い議論した」

 【ウランバートル共同】北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は17日、モンゴル・ウランバートルで開催された日朝協議で「拉致問題について互いの意見を述べ、深い論議をした」と説明、「(協議全体が)問題を解決しようという、以前より真摯な雰囲気だった」と感想を語った。北朝鮮がどんな主張をしたのかは協議が続いていることを理由に明かさず、「拉致問題は解決済み」とする北朝鮮の基本的な立場への言及も避けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。