外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 古屋圭司拉致問題担当相は22日、北朝鮮の拉致問題解決に向けて人道支援の先行を否定した上で、拉致被害者全員を帰国させるという「歴史的な決断」を促す談話を記者会見で発表した。飯島勲内閣官房参与の訪朝を受けた日朝政府間協議の再開をにらみ、拉致問題を「解決済み」としてきた北朝鮮側を強くけん制した形だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信