外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマーで12日に開かれる日本・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の議長声明案が6日、判明した。北朝鮮による拉致被害に言及し、解決に向けた取り組みの重要性を強調。中国とASEAN一部加盟国が領有権を争う南シナ海問題でも連携を確認し、地域の重要課題で共同歩調が目立つ内容となっている。

共同通信