外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新型インフルエンザワクチン接種の優先対象者のうち、重症化のリスクが高い基礎疾患(持病)のある人や妊婦への接種が2日、各地の医療機関で本格的に始まった。共同通信のまとめ(10月30日時点)では、茨城、新潟、富山など17県が2日に開始すると回答。岐阜、和歌山、山口の3県は、既に10月30日から前倒しで実施している。今月中旬までには、すべての都道府県で接種がスタートする見通しだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信