外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 成人式などで着るレンタル振り袖の広告で、料金の誤解を招く表示をしたのは景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、消費者庁は8日、着物のレンタル・販売業者3社に再発防止を求める措置命令を出した。3社は全国に50店舗以上を展開する「一蔵」(さいたま市)のほか、「きもの専門店まるやま」(東京)と、同じグループ会社の「特選呉服京彩」(同)。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信