外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪地検堺支部が現住建造物等放火罪などで起訴した無職の男性(29)の起訴を取り消した問題で、地検は21日、公判担当の高宮英輔検事(38)が、捜査報告書の改変を大阪府警貝塚署に指示していたと発表、法務省は21日付で高宮検事を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。地検によると、高宮検事は公判を有利に進める狙いがあったとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信