外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで敗退した阪神が打撃不振の解消へ向け、本塁打王に3度輝いたOBの掛布雅之氏(58)に打撃アドバイザー役への就任を要請する方針を固めたことが13日、分かった。複数の球団関係者が明らかにした。既に本人には来季26年ぶりの古巣復帰を打診し、受諾に前向きな感触を得ている。指導対象や期間など詳細は今後本人との交渉で詰めるという。

共同通信