外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】国家会計を不正操作し粉飾したとされるブラジルのルセフ大統領の弾劾手続きで、下院のマラニャン議長代行は9日、下院本会議で先月行われた手続きに不備があり、無効だとして採決をやり直す考えを表明した。一方、カリェイロス上院議長は上院の手続きを続行する考えを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信