外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ことし5月に打ち上げられた日本の金星探査機「あかつき」が7日午前、金星に最接近し、周回軌道に入るためにエンジンを逆噴射した。あかつきは一時、地球との通信が途絶えたが、その後、電波の受信が再開した。宇宙航空研究開発機構は金星周回軌道に入ったかどうか、データの解析を慎重に進めた。軌道投入に成功すれば、日本が地球以外の惑星に周回させる初の探査機となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信