外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】大韓航空の趙顕娥副社長(40)が、5日に米ニューヨークのケネディ国際空港で同社機に搭乗した際、客室乗務員の接客を叱責し、機内サービスの責任者を降ろすなどして離陸を遅らせたことが8日、分かった。このため目的地の韓国・仁川国際空港への到着は約11分遅れた。聯合ニュースが伝えた。

共同通信